FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎の大学生の体験談

ボクは、田舎の大学に行っているのですがあまり出会いがなく友達に聞いたあるサイトにヤリマンがいると聞いて登録しました。
どうやら彼女は筆おろし専門ということでボクにぴったりでした。
一応、童貞であることを告げると、「私の噂知ってるんだ。しょうがないなぁ」と言いながらも、会ってくれる約束を取り付けました。会うとすぐにホテルに直行という感じで、部屋に入るなりボクをベッドに押し倒すと「今日、時間ないから、すぐに済ましちゃうね、いい?」と言ってきました。
女性になれていない敏感チンポは、すぐにボッキしてきて、何百本も咥えてきた舌使いに、あっという間に発射したくなってきてしまいました。
 ボクは、「そんなにしたら、出ちゃうよ」と言ったのですが、彼女は止めてくれず、ボクは、そのまま彼女の口の中に発射してしまいました。
 彼女は、ボクのザーメンを飲むと、「じゃあ、今度は君の番ね」と言って、裸になるとベッドに横になりました。
おっぱいもアソコも触ったり、見たりしなかったので、ボクは、彼女のおっぱいを揉みまくりました。

今度は正常位をしたいと申し出ました。
ヌルヌルしていて、気持ち良くて、ヤリマンと言えども、若い素人の女性もアソコはすごく気持ち良くて、腰を少し動かしただけ、イキそうになってきてしまいました。
 たぶん、5分も持ってないと思います。
 ボクは、「出そうです」と言いながら、発射してしまいました。
 彼女は、「満足した?本当はもっと楽しませてあげたいんだけど、時間ないから」と言って、シャワーに行きました。
 よっぽど時間なかったのか、出ると何も言わずにホテルから出て行きました。
今は他のヤリマンをこのサイトで探しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。